case02トキワ松学園中学校・高等学校

Home / ロープスコース / case02トキワ松学園中学校・高等学校

Data:
1997年に体育館にハイエレメント、ローエレメントを設置、その後2008年に新体育館建設にあたり、再設置。

(屋内:ローエレメント 5種 8基 ハイエレメント 5種 5基)


トキワ松学園中学校高等学校では、1997年に体育館にロープスコースを設置し、20年以上にわたり体育の授業等にPAを取り入れています。授業では小グループで課題解決アクティビティをしたり、クライミングなど個人の挑戦も取り入れています。

学年ごとに段階を経てチャレンジし、高3になると希望者は一番難しいジャイアントラダーに挑戦します。
「自分で目標を立ててやる、やったことをふりかえることによって考えを深める」ことは、体育でもPAでも同じことを目指しています。

ポイント

  • 体育が苦手な生徒も楽しく挑戦できる
  • 体育の授業以外にも、新入生のオリエンテーションや教員研修、学校説明会でも活用
  • 学校のテーマ「探究女子」と親和性が高い
  • 体育館設置のため天候に左右されない

中山正秀校長先生のインタビューはこちら

ロープスコースページに戻る