いまいる場所から一歩踏み出す。
いまいる場所から一歩踏み出す。
挑戦したい、そう思える場所。
ここから始まるアドベンチャー
ここから始まるアドベンチャー
Arrow
Arrow
Slider

最新ワークショップ

2018年3月11日プロジェクトアドベンチャー体験会-体験から学ぶプロセスを体感するワークショップ

2018-01-03

2018年3月11日プロジェクトアドベンチャー体験会-体験から学ぶプロセスを体感するワークショップ

「体験から学ぶプロセスとその愉しさを体感する」 プロジェクトアドベンチャー(PA)の活動(アクティビティとローエレメント、ハイエレメント)と核となる考え方をダイジェストで体験するワークショップです。 PA体験会は、PAの活動や考え方のエッセンスを体験し、1日を通した参加者の関係性の変化を体感します。「PAって何だろう?どんなことをするのだろう?」と感じている方、活動の楽しさや効果、核になる考え方などについて知りたい方、ぜひご参加ください! 詳細・お申し込みはこちら:2018年3月11日 高尾の森わくわくビレッジ(東京都八王子市)
Read More
2018年3月25日クラスのちからを生かす2018|第2回|クラスをあたためるアクティビティ~アイスブレイカーを使いこなそう!

2018-01-02

2018年3月25日クラスのちからを生かす2018|第2回|クラスをあたためるアクティビティ~アイスブレイカーを使いこなそう!

本講習会では、新たなクラスのスタートを目前に、クラス開きにぴったりのアクティビティを体験し、実施する際のポイントを学び合います。人と人とが関係を築いていく時には、コミュニケーションの量が必要です。ほんの小さなことでも、一緒に何かをしたことがある、話したことがある、名前を呼んだことがある、その積み重ねがクラスにあたたかな雰囲気をつくります。 詳細・お申し込みはこちら:2018年3月25日 聖学院小学校(予定)
Read More
2018年5月12-13日クラスのちからを生かす2018|第3回|教室のすべてが学びに変わる ~体験を通して深めるふりかえり

2018-01-01

2018年5月12-13日クラスのちからを生かす2018|第3回|教室のすべてが学びに変わる ~体験を通して深めるふりかえり

プロジェクトアドベンチャーの手法や考え方をクラスでの実践に取り入れたい方に向けた、全5回の講習会の第3回です。本講習会は、課題解決アクティビティを通して、体験をふり返り、気づきや学びを生むための支援について学び合う2 日間です。 体験学習の中心には「ふりかえりによる学び」があります。体験をふりかえって、その体験の意味や自分自身とのつながりを考える中で、子どもたち自身が自ら気づく場づくりを学びます。 学校行事やクラスイベントでの体験を意味のある学びに繋げたい。子どもたちが自分自身の言葉でふりかえる機会をつくりたいと考えている方にお勧めします...
Read More

ニュースリリース

wantedlyに社員インタビューを掲載しました。

アドベンチャー施設の施工やデザインを担当するさとる(二宮悟)のインタビューです。アドベンチャー施設施工にかける想いを聞きました。記事はこちら

主催ワークショップ報告に「クラスのちからを生かす2018|第1回|クラスを支えるフルバリューコントラクト-ビーイングの理解と実践」を掲載しました。

主催ワークショップ報告に「クラスのちからを生かす2018|第1回|クラスを支えるフルバリューコントラクト-ビーイングの理解と実践」を掲載しました。    

wantedlyに社員インタビューを掲載しました。

「企業研修コーディネーター」のんちゃん(青木望)今日も元気いっぱいにオフィスにやってきます。そんなのんちゃんにPAJに入社してからの8ヶ月を語ってもらいました。

Wantedlyに社員インタビューを掲載しました。

プロジェクトアドベンチャーについてよく知らないまま入社して10ヶ月、現在「学校プログラムコーディネーター」として奔走しているゆり(渡邉由理)に話を聞きました。  

アドベンチャー教育フェスを後援します

2018年3月3日から3月4日にかけて開催されるアドベンチャー教育フェス.をプロジェクトアドベンチャージャパンは後援します。 大学セミナーハウスにて開催される今回のイベントでは、アドベンチャー教育に関わる人たちが様々なワークショップを開きます。私たちのスタッフもいくつかのワークショップで登場します。多くの人が来場し、アドベンチャー教育に共感してくれることを願っています。

Wantedlyでアドベンチャー施設ビルダーの募集を開始しました

Wantedlyでアドベンチャー施設ビルダーの募集を開始しました! 私たちプロジェクトアドベンチャージャパンは、1995年の創業以来100カ所を超える施設を施工してきました。近年は、アドベンチャーパークやジップラインなどの体験型レジャー施設の需要が日本全国で急増し、施工を希望されるクライアントのニーズを満たすことが難しくなって参りました。また、私たちが直営するPANZAブランドのアドベンチャー施設を今後日本全国で展開することを計画しており、この事業計画を実現するためにも施工スタッフの拡充が急務となっております。 詳細は、Wantedlyのアドベンチャー施設ビルダーの募集記事をご覧ください。

Wantedlyに「創業ストーリー」を掲載しました

プロジェクトアドベンチャージャパン(PAJ)は1995年に設立しました。創立者、林壽夫に会社を立ち上げたときの思いとこれからを聞きました。記事はこちら

Wantedlyでピクトグラムデザイナーの募集を開始しました

Wantedlyでピクトグラムデザイナーの募集を開始しました! 私たちプロジェクトアドベンチャージャパンは、日本全国でアドベンチャーパークやジップラインを施工してきました。近年は、アドベンチャー施設を施工することはもちろんのこと、お客様の体験の質の向上に注力しております。その一環として、私たちは施設を体験されるお客様へのコミュニケーションの一つであるピクトグラムのデザインにも力を入れていこうと考えています。ピクトグラムは外注することもできるのですが、私たちは想いを共有しながら一緒に施設を作り上げていきたいと思っています。私たちにとっては、ピクトグラムも施設の一部です。そこで、このたび、設計スタッフと一緒にアドベンチャー施設を作っていただけるピクトグラムのデザイナーを募集することにしました。 詳細は、Wantedlyのピクトグラムデザイナーの募集記事をご覧ください。

Wantedlyに小澤新也の開発秘話を掲載しました

Wantedlyに小澤新也の開発秘話を掲載しました。 CCDIチームのディレクターとして日本全国でアドベンチャーパークやジップラインを設計&施工してきた小澤新也。これまでの試行錯誤から何を培ってきたのか。私たちがアドベンチャー施設の設計や施工で大切にしていることを聞きました。  

Wantedlyにインタビュー記事「アドベンチャー施設アーキテクトという仕事」を掲載しました

現在、プロジェクトアドベンチャージャパンでは、アーキテクト(設計スタッフ)の募集を行っています。 プロジェクトアドベンチャージャパンのアーキテクトには何が求められるのか、どんなことを追い求めている仕事なのかを、CCDIディレクター小澤新也に話を聞きました。記事はこちら。https://www.wantedly.com/companies/pajapan/post_articles/106348