いまいる場所から一歩踏み出す。
いまいる場所から一歩踏み出す。
挑戦したい、そう思える場所。
ここから始まるアドベンチャー
ここから始まるアドベンチャー
previous arrow
next arrow
Slider

最新ワークショップ

Project Adventure Online Workshop|PAアクティビティ体験会 〜自分のことを考える〜

2020-05-13

Project Adventure Online Workshop|PAアクティビティ体験会 〜自分のことを考える〜

▼目的 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、生活スタイルや働き方など今までの当たり前が当たり前ではなくなっています。この渦中だからこそ、自分の生活や仕事、その全てにおける自分の価値観について改めて考える機会だと感じている人も少なくないと思います。 今回の体験会では、オンラインでのPAアクティビティの体験や人とのかかわりを通して、自分のことを考えます。その体験やそこで得た気づきは、自分の現在地を知るとともに、皆さんが学びの場をつくるヒントになると考えています。 ▼どんなことをするのか zoomを活用し、オンラインでアクティビティを体験します。...
Read More
Project Adventure Online Workshop|しるらないカードを使ってみよう! 〜私は、どこかにつながっている〜

2020-05-12

Project Adventure Online Workshop|しるらないカードを使ってみよう! 〜私は、どこかにつながっている〜

▼イベントテーマ 今回のイベントテーマは、ずばり!「自分と出会う」です。PAグッズショップで大好評の『しるらないカード』を使います。『しるらないカード』は、自分自身の中の「知っている部分」と「知らない(見えていない)部分」その両方にぐっと入り込んでいくこと、そしてその両方をつなぐことを目指して生まれたカードです。 新型コロナウイルス感染拡大に伴い家にいることが多くなった今こそ、『しるらないカード』考案者の寺中有希(ゆき)と一緒に、自分の中にある何かに出会うことで、しるらないカードの世界を体験し、今後の実践に役立てるヒントを探しませんか? ...
Read More
オンラインカフェ|対話でつながりを考える

2020-05-11

オンラインカフェ|対話でつながりを考える

▼目的 緊急事態宣言発令から1ヶ月を迎えた今、ソーシャルディスタンスや3密の回避、オンラインコミュニケーションの拡大など、社会の状況にあわせて「つながり」のかたちが急激に変わりつつあり、以前とは異なる人・社会・自分との距離を感じるようになってきました。 それと同時に、変化した距離に不安やストレスを感じる人もいれば、逆に安心感をもつ人もいたりと、「つながり」に対する捉え方は多様になってきています。 そんな多様な捉え方が見え始めた今こそ、お互いが「今、ここ」に身を置き、本音を語り合うことで、本当に望む「つながり」のあり方を見つめ直すことが必要...
Read More

ニュースリリース

自分らしく生きたい人へ向けた、人生経験のシェアリングサービス「another life.」やイベントなどを運営している島田龍男さん。いままでに500人以上のインタビューをしてきたそうです。さまざまな人との出会いを通して生まれてきているものについて伺いました。記事はこちら
Read More
PANZA宮沢湖オープニングスタッフのこっしー(大越泰樹)。まだまだやりたいことがたくさんあるこっしーのインタビューです。記事はこちら
Read More
「PANZAてんしばイーナ」にオープニングアルバイトスタッフとして入社し、4月から契約社員になったりんりん(笹部梨花)。でも新型コロナによる臨時休業になってしまい、本当なら2ヶ月働いて慣れてくる頃なのに、まだ何もできていない感じがするそうです。記事はこちら
Read More
「生きてるだけで素晴らしい」 あまりにありきたりで陳腐な言葉に見えるかもしれません。けれど、私にとってはかけがえのない大切な言葉です。 不登校やニートの若者を対象にした体験活動をベースにした自立支援プロジェクトに関わっていたときのことです。 私は3名の参加者とともに「私たちが大切にしたいこと」というテーマでマインドマップを書いていました。それぞれが具体的に大切にしたいことは出てくるのに、「なにか足りない気がする」そんな雰囲気が漂っている時でした。 まるで沸き立つように浮かび上がってきたのが、前述の言葉です。私を含めたグループのメンバーにと...
Read More
人と人が関わり、コミュニティが生まれます。さまざまな関わりの中で、コミュニティが個性を帯びていきます。 人が集まり、グループや組織という形ができてくる中で、やっぱり大切なのは一人ひとりの存在です。そこに、その人がいる喜び、支え合っている実感がコミュニティを支えているのでを感じます。 東日本大震災のあと、PAJは宮城県の先生たち、ジム・ショーエル(PAアメリカ創設者のひとり)と共に「バンブーレジリエンス」というプロジェクトを立ち上げて、コミュニティを育んで来ました。 現在、物理的には宮城ー東京ーアメリカと離れています。こうして離れていて思う...
Read More
なぞなぞじゃないけれど、あそこに行きたい、あれを得たいとまっすぐ進めば進むほど、たどり着かない。その代わり、頭の片隅にはあるけれど、それにこだわらずに、「今これだ」と思うものをし続けていたら、気がついたら叶っていた。私にはそんなことがよくあります。 真っすぐじゃない道を行く、でも行く先に光る北極星のような目印は見失わない。そんな風に歩いて行けたら、いろんなことが叶うのかなぁ。 (writer: suzume)
Read More