case01 流通経済大学スポーツ健康科学部スポーツコミュニケーション学科

Home / ロープスコース / case01 流通経済大学スポーツ健康科学部スポーツコミュニケーション学科

Data:
2017年に龍ケ崎キャンパス内にローエレメント、2020年にハイエレメントを設置。
(屋外:ローエレメント5種5基、ハイエレメント 5種5基)


流通経済大学スポーツ健康科学部スポーツコミュニケーション学科では、スポーツで得た力を社会で活用するための学びを深めています。

2017年の学科設立時からPAを1年生の必修授業に取り入れ、PAを使った体験を通して、チャレンジやチームワークなどについて学んでいます。

必修授業では、PAロープスコースを活用し、ひとりでは解決できない課題にチームで取り組み、ふりかえりをして体験から学んだことを次に活かしていきます。

ポイント

  • 必修授業で活用し、体験とふりかえりから学ぶことを学ぶ。
  • 全員が力を合わせないとできない課題を解決することを通して社会に通じる汎用的なスキルを獲得する。
  • 一人ひとりのチャレンジを大切にした授業を通して、アドベンチャー精神を育む。
  • 必修授業でPAを学んだ有志が、ファシリテーターとなって学生対象のPAプログラムを実践する。

黒岩純学部長と椎名純代助教のインタビューはこちら

ロープスコースtopに戻る