インタビューvol.110「ファンモックにもっとゲストが来てもらうために、僕ができること 」

Home / PAライブラリ / PAストーリーズ / インタビューvol.110「ファンモックにもっとゲストが来てもらうために、僕ができること 」

PANZA宮沢湖スタッフのジュンチ。今年成人したジュンチがこの1年で見えてきたこと、向かっていこうとしているところとは。

前回のインタビューはこちら

新たな挑戦!

前回のインタビューのときは、まだ自分から行動していくということができていないという話をしましたが、一年前よりは自分で行動できるようになったと思います。自分から意見を出すようになりました。

誰かが何かをしてくれるのを待っていると自分の成長にもつながらず、楽しくもありません。PAJはチャレンジできる組織なので、自分から挑戦するようになった一年かなと思います。

最近では、今まで課題だったシニア層の獲得について担当しています。シニア層にもぜひ来ていただきたいです!興味を持ってくださる方は今までよりは多くなってきていますが、まだまだなので頑張りたいです。

担当し始めてまだ1ヶ月ですが、自分なりに内容を考えたり、他のメンバーにアドバイスをもらいながらやっています。シニア割をレディース割と肩を並べられるようにしたいですね!

僕は小さなゲストと遊ぶ機会が多く、子ども目線で考えられると思っているので、小さなゲスト対象向けの営業も考えていきたいです。自分が営業して来てくれた人の接客をしてみたいなと思うようになりました。

年齢不問で楽しめるファンモック

PANZA宮沢湖にあるファンモックは、年齢を問わず楽しめます。ネットで遊ぶ以外にも、跳ぶことで得られる体の効果などもお伝えしています。

ファンモックで跳ぶのは、ランニングよりも消費カロリーが多く、ファンモックの中を歩くだけでインナーマッスル、体幹が鍛えられます。またジャンプすることで精神的ストレスが軽減されるので、認知症予防にもつながるのではと思っています。

また障害を持った方についてのお問い合わせも増えてきました。障害を持った方たちにもどんどん利用できるようにしていきたいです。

親密な接客

リピーターのお子さんたちに「ジュンチ、また来たよ〜!」と言っていただけると、とても嬉しいです。

接客は丁寧にやれば大丈夫だと思っていましたが、アドベンチャー施設の場合、丁寧さよりも親密さが大事なんだと気づかされました。

年齢の低いゲストに敬語で話しても難しく、年齢に寄せた話し方をした方がよい場合があります。接客についてもまだまだ学ぶことがあるな思います。

昨年は自分が思ったことを伝えることをメインに接客をしていました。でもそれでは相手に理解してもらえないことがあったり、事故に繋がる可能性があります。いまは相手の反応や言葉をきくことを意識しています。当たり前のことですが自分ではなく相手をメインにした接客を心がけています。

あとは忙しくても冷静に考えられる姿勢でいらえるようになりたいです。他のメンバーのゲストへの説明をきいていると、落ち着いていて、皆がききたくなる話し方をしているので参考にしたいです。

PANZA宮沢湖オープン時(2019年)

他施設からの刺激

PANZAは全国に4箇所あります。先日大阪の「PANZAてんしばイーナ」のかずちぇるが初めての営業を頑張っているインタビューを読んで、すごいなと思いました。

僕から見てかずちぇるは、あまり自分から意見を言わなそうなイメージがあったのですが、いまは団体営業などについて社内でどんどん意見を出していてすごいです。

インタビューの中にあった飛び込み営業などのチャレンジがあったからこそ、自信になったんだなと思いました。僕にとっての身近なお手本です。自分もがんばってみようと思いました。

昨年は「PANZAぎふ清流里山公園」と「PANZAてんしばイーナ」にこっしーさんと一緒に行きました。普段会う機会がないので、PANZAメンバーに会えてとても貴重な時間でした。その後は、オンラインで話すようになり、他PANZAとのつながりが出てきました。他PANZAメンバーの生の意見をきけるのはとても新鮮です。

自分の意見を出す

自分から意見を出すことはまだまだ難しいです。メンバーから「これどう思う?」と問いかけられたときに、「自分より他の人の方が正しい意見なんじゃないか…」と思ってしまいます。

この一年は、いろいろな人の意見をきき、気づきをもらうことで、徐々に周りを見られるようになりました。視野を広げられた一年だったと思います。

しょーへいさん、こっしーさんの2人は、それぞれに見方が違う部分もありますが、2人共「アクションしようね」と言ってくれ、行動に移すことを教えてくれます。そしてマイナスに考えないで行動することについて気づかせてくれます。

キナコさんやIzuさんはいろいろな企画をしていて、刺激になります。PANZAで働いていると、常に発見があります。

最高齢では80代の方がお孫さんとファンモックに来てくれました。楽しんでいただけて嬉しかったです。ファンモックは小さなお子さまからご高齢の方まで楽しんでもらえる施設なので、どんどん来ていただきたいです!飛んだり跳ねたりしなくても、ネットに座って宮沢湖を眺めるのも最高ですよ!

(20200925)

PAストーリーズTOPへ