Case02.駿河台大学スポーツ科学部

Home / 学校事例 / Case02.駿河台大学スポーツ科学部
Case02.駿河台大学スポーツ科学部

実施概要

学校名駿河台大学スポーツ科学部
対象新入生(大学1年生)
目的年度はじめのチームビルディング
場所大学内施設
高尾の森わくわくビレッジ(ロープスコース)
時間2日間

4年間、共に学び合う仲間と知り合い、大学生として主体的に学ぶ入り口に立つことを目的として、ゼミ単位の小グループにわかれて2日間、活動します。
1日目は大学内施設にて、お互いを知り合う活動や思い切り体を動かす体験をし、2日目はロープスコースにて課題解決型アクティビティを通して、チームでチャレンジをします。(注:当初の予定は2日間ロープスコースで実施でしたが、2021年度はコロナのため変更)
2年生では選択実技として3日の集中講義があります。

参加した学生の皆さんと学部の先生方にお話を伺いました。
インタビュー記事は下記からご覧いただけます。
インタビュー#120「主体的な学びを目指してー駿河台大学スポーツ科学部(前編)」
インタビュー#120「主体的な学びを目指してー駿河台大学スポーツ科学部(後編)」

スケジュール

<1日目>

時間テーマ狙い活動例
9:20
|
12:00
・学び方のパラダイムシフトを体感(受動→主体)・安心安全の関係性を構築する・体験から学ぶ意味付けを行う・ZOOM/REZOOM・しろくま 
13:20
|
15:00
・自身の感情、行動を省察し、 気づきを得る・協働のプロセスを体験する・自ら選択し、行動を起こす・パイプライン・TPシャッフル 
15:00
|
16:30
・自身の行動を認知する・自身の思考の癖、思考の壁を知る・メタ認知を得る・大縄・アースボール

<2日目>

9:20
|
11:00
・相互尊重の関わり合いを体感する・自身の行動、言動の意味を考え、意味づける・立場(例:支える支えられる)が入れ替わる・トラストシークエンス・リフレクション 
11:00
|
12:20
・多様性のある組織体を体感する・他者と協働する活動を通じて、責任を担う立 場を入れ替える・フープ活動系、アイランズ、トラフィックジャム・リフレクション
13:20
|
15:00
・頭での理解に留まらず、実践する・役割を自分で見つける・Cゾーンから出る/サポートをする・スパイダーウェブ・リフレクション 
15:00
|
16:30
・主導権は自身にあり、他者と学び合う事による相乗効果を実感する・学びの実践・サイクルタイムパズル・まとめ