インタビュー#116「”できること”をもっと広げていきたい 」

Home / PAライブラリ / PAストーリーズ / インタビュー#116「”できること”をもっと広げていきたい 」

PANZAてんしばイーナジロ(喜田麻友美)。コロナ下の大阪で営業にも初挑戦!

スタッフとのコミュニケーション

ーーオープンしてからの1年ちょっとはどうでしたか?

オープンしてわりとすぐにコロナになってしまったので、忙しかったという実感は少なかったです。むしろもっともっと忙しくしたいです!(笑)

昨年4月以降、アルバイトの人たちと一緒にラインに入ることが多くなったので、コミュニケーションを取ることを意識しています。仕事の話だけではなく、「どう最近?」というようなプライベートな会話を心がけています。

ちょっとした声かけは本当に大事ですね。指示を出すだけではなく、自分も実際にやっているところを見てもらうのも大事です。

私は人と話すのはそんなに得意ではなく、人見知りの部分があるので、どう話したらいいんだろうと悩むことも多々あります。でもそう思う空気が相手に伝わってしまうと思うので、あまり考え過ぎずに話そうとしています。ちょっとした会話って難しいですよね(笑)

自分の経験から伝えられることを

ーー昨年4月に契約社員がPANZAてんしばに入社しましたね。

上下関係がないというのがPAJの仕組みなので、「契約社員だから」「アルバイトだから」という目では見ていません。

彼女たちが何かをしようとしているとき、「何でそういう風にしようと思っているか」を聞くようにしています。あとは自分が経験したことから伝えられることは伝えています。「こういう風にしてみたらどう?」とアドバイスし、考えるきっかけをつくれるようにしています。先に答えを言うときもありますが、自分で考えてもらうということも大切にして話しかけています。

教えた方がもちろんラクなんです。でも私も今まで仕事をしてきた中で、上司たちから自分で考えて答えを出していけるような関わり方をしてもらって来ました。それがよかったので、自分でもそうしていきたいと思っています。

ーー新入社員との具体的な関わりは?

いまは私が新入社員の2人と1対1で話す担当をしています。1−2週間に一回ミーティングをして、業務の進捗の共有の場です。

物事が進むのが遅いのを改善し、どういう風に進めていいかわからない悩みなどを聞く場でもあります。そこで「私だったらこうする」「ここはもうちょっとこうしてみたら?」と話しています。確認をしながらやることで、徐々にいろいろなことができるようになってくるのではないかと思っています。

ーー個別に話す中でジロが心がけていることは?

話を聞くことです。自分が話すのではなく、相手の話を聞くことを大事にしています。私が先にいろいろ言うと、そのまま聞き入れられてしまう可能性があります。だからこそ、相手から話してもらうことを大事にしています。話が出にくい人には、話してもらいやすいような質問を心がけています。

営業初挑戦

今年度は自分の中で、全部中途半端だったなと思います。1年の振り返りをしたとき、ほとんどの項目が「あと一歩」だと感じました。SNSやイベントなどを頑張りましたが、中途半端なままで何かを残せなかった感じが自分の中ではあります。今年は自分の中で何か一つでもやり遂げたと言えるように行動していきたいと思います。でもそれが何かはいまはよくわかりません。

営業に初挑戦しました。営業に不慣れすぎて、全然わからないし、緊張するしで大変でした(笑)。のんちゃん(青木望、アドベンチャーエデュケーション所属)に同行して営業に行きましたが、のんちゃんの伝え方がすごくて勉強になりました。

営業先で話しているのんちゃんを見ていると、本当にPAJのことが好きだという思いが伝わってきました。引き出す力とトーク力がすごいです。相手も気持ちよく話して、こちらも伝えたいことを伝えられる場でした。

のんちゃんから教えてもらった場づくりについては自分の中に吸収して、説明できる力をつけていかないといけないなと思います!

ーー営業と接客で話すのは違いますか?

全然違います。営業はしんどいです(笑)。でもどちらでも伝えたいことは同じなので、営業でも伝えられるようになりたい。すぐにはできるようにはならないですが…。

営業するからには、その力を身に着けてがんばっていきたいです。自信をもって説明できたり、自信をもってこの会社の魅力を伝えられるようになりたいです。

そのためには、一番は場数かなと思います。営業の仕事をするなんて想像していませんでしたが、私達のことを知ってもらわないとお客さまに来てもらえないですしね。

一般的なレジャー施設では、営業は営業、集客は集客に特化した部門があります。PANZAでは全部を自分たちでしないといけないので大変ですが、いろいろな分野の経験ができる感じがします。それはいい部分と悪い部分があるとは思いますが…。

自分なりの答えを

ーー半年後、一年後どんな風になっていたいですか?

何事にも自信を持って判断して行動できるようになっていたい。「これはこうだからこう」と自分の中で答えを出せていたらいいなと思います。

いまは営業のことなど不安もありますが、自分が迷わずに答えをだせるようになりたいです。

周りに何か相談したり、共有するというときも、自分の意志がはっきりしていればブレないし、伝えたいことも伝えられます。だから自分で判断できるようになったらいいなと思います。

(20210122)