体験学習

Home / Posts tagged "体験学習"

PAニュース20170925

\ハード・ファン(Hard fun)な学びを体験しよう!!/
PAの体験会を隔月で実施していくことに致しました!
直近の体験会は・・・
−−
11月19日(日)です。
詳細http://ptix.co/2o7n4x8
−−
突然ですが、「ハード・ファン」という言葉を耳にしたことはありますか?ワークショップでの活動が(知的に身体的に)ハード(つまり過酷)だけれど、それ故の楽しさ(愉しさ)があるという意味の言葉です。
そしてPAの体験学習ってハード・ファンだなあといつも思うのです。
−−
PAの活動では「ハブ・ファン(Have fun)」というノームが大切にされています。だから、「PAって楽しいことをする場なんですよね?」とワクワク・キラキラな眼差しで尋ねられることが少なくありません。もちろん、とーっても楽しいです。
でも、皆がずっと「わっはっはっ」「ゲラゲラゲラ」と笑いながら体験学習しているかというと、そうではありません。
難しい課題に向き合う中で気持ちが揺さぶられてモヤモヤしたり、仲間のとの関係性に向き合う中で気持ちがザワザワしたりと沢山の葛藤と向き合います。きっと皆さんもそうでしたよね?
向き合うことはハードです。しかし、乗り越えることで自分や仲間への理解を深め、自分やグループの成長を実感していく。ここに本当の楽しさ(愉しさ)があるように思います。
−−
「ハード・ファン」一見矛盾する要素に僕らの学びは支えられています。そしてもっとこの学びを進化(深化)させ、多くの方にお届けしたいと思っています。
そんな機会をなるべく多く気軽に生み出したいという想いから、11月以降はPA1日体験会を隔月で実施していくことにしました!
今後の体験会は・・・
−−
2017年11月19日(日)http://ptix.co/2o7n4x8
2018年1月14日(日)http://ptix.co/2iV0k5Y
2018年3月11日(日)http://ptix.co/2hIEIZW
−−
皆さん、ぜひご参加&シェアをお願いします!

PAニュース20170907

PAニュース20170907

【教育新聞に書評が掲載されました!】

こんな風に紹介していただけて、この本をクラウドファンディングという形で多くの方と一緒に出せた幸せを、あらためて感じています。

「野外教育などの体験学習の手法を、プロジェクトアドベンチャー(PA)と呼ぶ。このPAをカウンセリングに用いたアドベンチャーベースドカウンセリング(ABC)の事例と手法について、体系的にまとめている。PAは近年日本でも注目を集めており、訳者はPAの手法や教育効果について、学校や企業に普及を図る国内団体だ。
アドベンチャーというと縁遠く感じるが、体験活動ならば学校教育の中でさまざまなプログラムが組み込まれている。その教育効果の1つは、集団での信頼関係の構築。人と人とが1つの目標に向かって協力し、成功や失敗を経験しながら次第にまとまっていく。
米国のカウンセリング現場に基づいているため、事例には薬物依存の青少年などが登場する。そのため、日本の学校現場にはなじみのないようにも感じるが、手法は学校教育にも十分適用できるだろう。特にグループで行う活動などの評価の仕方、メンバーへの問い掛けなどは、体験学習のみならず普段のグループ活動でも役立つ。
PAで重要になるのは、ファシリテーターの役割である。グループの中で望ましくない言動を繰り返すメンバーにどう気づきと変容の機会を与えられるか。言葉掛け一つ取っても、適切でなけば、グループの信頼関係や成長を阻害させてしまいかねない。
学校行事などで組み込まれている体験活動を、子供同士の信頼関係づくりの場として捉え直すきっかけとしたい。」
(教育新聞 2017.9.7)

書籍はこちら→ http://amzn.asia/grksHBK

2017年12月24~26日 AITC− 先生の「あり方」を探す旅 −

2017年12月24~26日 AITC− 先生の「あり方」を探す旅 −

教育実践で使える技術や方法論(doing)ではなく、教師としてのあり方(being)を探求する3日間のプログラムです。

1日目はプロジェクトアドベンチャー(PA)プログラムとその振り返りでの学びを実際に体験し、体験から学ぶ力を実感します。2日目、3日目は学校や学級で実際に取り組まれている甲斐崎さんの実践を題材に学びを深め、最後に教師としてのbeingを言葉にします。


詳細・お申し込みはこちら:2017年12月24-26日(日帰り3日間)東京都目黒区 トキワ松学園

 

2018年1月27~28日 やりたいことをやろう – Design for being –

2018年1月27~28日 やりたいことをやろう – Design for being –

やりたいことをやろう。
ここは自由に自分を試せる場。
Let`s design for being.

アドベンチャー教育(※)の手法を用いた課題解決のアクティビティを通して、自分自身の価値観や信念と向き合うことで、『本当にやりたいことができる自分になる』ための1泊2日の自己探求プログラムです。

プログラムの序盤では、「社会的要請」に答える自分と「やりたいことを追求」する自分の狭間で葛藤するあなた自身を認知することで、自己探求のスタート地点に立ちます。

中盤では、グループでの課題解決活動や対話を通じて、自分がやりたいことを実現するために、周囲にどのように働きかけ、巻き込むのかを試行錯誤します。

最後は、2日間自己探求したプロセスを振り返り、『本当にやりたいことができる自分になる』ための学びを言語化し、日常へ学びを持ち帰るための橋渡しをします。


詳細・お申し込みはこちら:2018年1月27日~28日(1泊2日)PAJ日野春ホームコース(山梨県北杜市)