プロジェクトアドベンチャー

Home / Posts tagged "プロジェクトアドベンチャー"
インタビューを掲載しました

インタビューを掲載しました

25周年を迎えたプロジェクトアドベンチャージャパン代表CEOのはやしさん(林壽夫)に、これからのPAについての想いをききました。記事はこちら

続きを読む
Dialogue Journey 〜「わたし」にとっての「先生」を紡ぎなおす〜

Dialogue Journey 〜「わたし」にとっての「先生」を紡ぎなおす〜

*** 忙しない日々の現場から一旦距離をおき、たまたま集まったメンバーとともに言葉を紡いでいくことで、自分の中にある大切な想いに立ち返る時間をとってみませんか。「フルバリューコントラクト」と「対話」という考え方をベースにした場を通じて「わたし」と「先生」のバランスを整えるプロセス全体が、子どもたちとの豊かな関わりへつながるかもしれません。 *** ▼なにをやるの?【体感する】 ・『対話のことば オープンダイアローグに学ぶ問題解消のための対話の心得』をもとに対話します。 ・対話を重ねることでフルバリューな関係性が育まれるプロセスや、自己の内側で起こる感情の揺れを体感します。【学ぶ】 ・『対話のことば オープンダイアローグに学ぶ問題解消のための対話の心得』に関するセッションを通じて、対話について理解を深めていきます。(下記「学びのエッセンスについて」をご覧ください。) ▼こんなことができます! 対話によってうまれる変化を当事者として体感することで、今後の対話実践の土台をつくります 『対話のことば オープンダイアローグに学ぶ問題解消のための対話の心得』をもとに、対話実践への姿勢ややり方のヒントを得ることができます 教員同士のつながりができることで、日頃の実践において変化を起こしていく活力を得られます プロジェクトアドベンチャ―が考える「フルバリューコントラクト」の形成プロセスを体感することができます ▼こんな方にオススメ! 大事にしたい想いがあるけれど、日々の役割意識からもどかしい思いを抱えている方 「教師」という役割を一旦わきにおき、そもそもなぜ自分がいま教育現場にいるのかを見つめ直し、原点に立ち返りたい方 そもそも対話とはなんなのか、もっと探究してみたい方 それぞれの個性や主体性、そして関係性の力をもっと学校現場で生かしたいと願う方 教職員間の関係性に悩みを抱えていて、改善したいと思っている方 ▼コラボレーターの紹介 長井雅史さん慶應義塾大学政策・メディア研究科修士課程修了。SFC研究所上席所員。米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ(CPCC)。日本の同コーチ養成機関において当時最年少で資格を取得し、対話の研究を経て独立。コーチングや対話を通じて人・組織の変容に関わることや、対話についての研修・ワークショップ、オンラインコミュニティの運営を行う。また、プライベートでは自然とのつながりの中で生きる暮らしの共同体づくりを実験中。共著書に『対話のことば オープンダイアローグに学ぶ問題解消のための対話の心得』(2018年) 詳細・お申し込みはこちらから

続きを読む
クラスのちからを生かす#3|対話から始まる関わりあい〜「みんないっしょ」を捉え直す〜

クラスのちからを生かす#3|対話から始まる関わりあい〜「みんないっしょ」を捉え直す〜

\願いとつながり、関わりにつなげる/ みんなで同じことを、同じようにやる。そんな子どもとの関わりに違和感を感じたことはありませんか?インクルージョン&ダイバーシティと言われているように、学校には様々な背景や関心をもった子ども達が集まってきます。それぞれ違ったニーズをもっている子ども達が、それぞれの「〜したい」という思いを大切にしながら、お互いに関わり合いより良い関係性を築くために、子どもの声に寄り添って日々試行錯誤されている先生も多いかと思います。 今回のワークショップでは、『対話のことば オープンダイアローグに学ぶ問題解消のための対話の心得』をもとにした対話や、実現しうる未来に向けた心得を描く活動を通して、先生自身が「なにを思い、なにを願い、なにができるのか」を自覚することで、クラスや職員室などの日常に対話の場をつくるためのベースをつくりあげていきます。 ▼なにをするの?・『対話のことば オープンダイアローグに学ぶ問題解消のための対話の心得』をもとにした対話を通して、教育や子どもに対する願いを明らかにします。・描く活動を通して、「自分にとっての対話」をクラスや職員室での対話の実践につなげていくためのベース(心構え・自分軸)をつくります。 ▼やらないこと教育現場における対話に対する“こうすれば正解”といった技術や技法には触れません。(そもそも正解が無いという前提に立っています。) ▼こんな方におすすめ・対話に興味があり、もっと教育現場に対話を活用したい方・クラスづくりや職員室の関係性に悩んでいる方・日々の生活から一度離れて自分自身とつながり直す時間を取りたい方 ▼ワークショップの流れ1.オープニング2.自己紹介3.セッション1 〜ダイアローグの体感〜ーランチタイムー4.セッション2 〜自分にとっての対話の心得を描く〜5.ふり返り6.クロージング ▼概要【日時】 2020年9月27日(日) 10:00~16:00 【対象】 20歳以上の教育に携わる方、対話に関心のある方【参加費】 7,700円(税込)【定員】 20名【会場】 オンライン【参加方法】zoomを活用して開催致します。お申し込みいただいたメールアドレス宛てに、参加URLをお送り致します。【キャンセルについて】 本ページ(Peatix)からのキャンセルはできません。直接、弊社までお問い合わせください。 キャンセルポリシー:申し込み時~前日までは参加費の20%、当日は参加費の100%【連絡先】 株式会社 プロジェクトアドベンチャージャパン 担当:安河内 e-mail:edu@pajapan.com 詳細・お申し込みはこちら

続きを読む
Project Adventure Online Workshop|意思決定を考える

Project Adventure Online Workshop|意思決定を考える

\より良い意思決定をするには??/ ▶︎どんなワークショップ?「どんな服を着ていこう?」「昼食はなにを食べよう?」「どの会社の面接試験を受けようかな?」などといった個人で決定できるものから、「どこに家族旅行へ行こう?」「だれが新規事業を担う?」「集団(クラス、組織)の目標をどうする?」など、個人でも集団でも毎日は意思決定の連続です。 そのような時、私たちは何に基づいてどのように意思決定を行っているのでしょうか?また、意思決定に迷ったり、困ったりしたことはありませんか?時には、とても納得度、満足度が高い意思決定もあれば、そうではなく後悔してしまうような意思決定もあったのではないでしょうか。 本ワークショップでは、『自分で決める』(1回目)と『みんなで決める』(2回目)をテーマに、体験を通してそれぞれの意思決定に影響している要素を探究します。そこでの気づきや学びを、実生活での意思決定に生かしていきませんか? ▶こんな方におすすめ! 意思決定に興味関心がある人 意思決定に迷うことがある人 個人や組織の意思決定に困りを感じている人 ▶︎どんなことをするのか 体験とふり返りを通して『意思決定に影響する要素』について探究します。 ▶︎取り扱わないこと アクティビティの提供方法は取り扱いません。 ファシリテーションの手法をレクチャーする場ではありません。 ▶︎スケジュール  14:00-14:10 オープニング 14:10-15:25 テーマについて 15:25-16:00 ワーク 16:05-16:20 ふり返り 16:20-16:30 クロージング ▼概要【日時】  2020年8月23日(日)14:00-16:30 テーマ『自分で決める』  2020年8月30日(日)14:00-16:30 テーマ『みんなで決める』【対象】  どなたでもOK!【参加費】  各回とも 4,400円(税込)  ※いずれかのみの参加も可能です。【定員】  各回20名【参加方法】  zoomを活用して開催致します。  お申し込みいただいたメールアドレス宛てに、参加URLをお送り致します。  ※ワーク内でGoogleスライドを使用します。必ずパソコンからご参加ください。  ※パソコン以外のデバイスでのご参加を希望される場合には、事前に下記連絡先までご相談ください。【事前準備】  ・ご使用のデバイスにzoomとGoogleスライドの事前インストールをお願い致します。  ・wi-fi環境の良い場所、集中できる場所の確認をお願いします。【キャンセルについて】  本ページ(Peatix)からのキャンセルはできません。直接、弊社までお問い合わせください。  キャンセルポリシー:申し込み時~前日までは参加費の20%、当日は参加費の100%【連絡先】  株式会社 プロジェクトアドベンチャージャパン 担当:安河内  e-mail:edu@pajapan.com【申し込み】  https://20200823-30.peatix.com

続きを読む
Project Adventure Online Workshop|PAアクティビティリターンズ!

Project Adventure Online Workshop|PAアクティビティリターンズ!

\オンラインワークショップアクティビティをもう一度!/ ▶︎どんな2日間?春先から突如世界を襲った新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、私達はこれまでの対面的な体験学習が難しい日々を過ごしてきました。緊急事態宣言が明け、日常に戻る方もいれば、新たな日常を迎えている方もいるように感じます。その中でも、それぞれの場でソーシャルディスタンスや3密の回避を意識した関わり方に不安や困り感を感じている方も多いのではないでしょうか。 今回のワークショップでは、4月から開催してきたオンラインワークショップの中から、オフラインでも活用できるアクティビティを厳選し、体験する2日間を開催することに決定しました!アクティビティを体験することで、アクティビティの特性を知ることはもちろん、日常に生かすヒントをともに探してみませんか?? ▶こんな方におすすめ! ・PAアクティビティを体験したい! ・PAアクティビティを日常に生かしたい! ・これまでのオンラインワークショップに参加できなかった! ・もう一度オンラインワークショップを体験したい! ▶︎どんなことをするのか ・これまで開催してきたオンラインワークショップの中で取り扱ったアクティビティをzoomで体験します。 ・アクティビティシートを使用してふり返り、日常に生かすヒントを探します。 ▶︎スケジュール *各回異なるアクティビティを体験します。 Day1、Day2ともに 14:00-14:10 オープニング 14:10-15:20 アイスブレイク 15:20-16:00 メインワーク 16:00-16:20 ふり返り(シート記入も含む) 16:20-16:30 クロージング  ※時間は目安です。 当日は進行スケジュールが若干変更になる可能性があることをご了 承ください。 ※終了後30分程度、 質疑応答を含めたおしゃべりの時間を設けます。 希望する方はご参加ください。  ▶︎今回扱わないこと ・アクティビティの提供方法のレクチャー ・チームづくりに主眼を置いたふり返り ▶︎概要【日時】  2020年7月26日(日)14:00-16:30  2020年8月  2日(日)14:00-16:30  *各回異なるアクティビティを体験します。【会場】  zoomを活用します。お申し込みいただいた方にURLをご案内します。【対象】  PAアクティビティを体験したい方  教育活動にPAを活かしたい方【参加費】  各回とも 4,400円(税込) ※いずれかのみの参加も可能です。【定員】  各回20名【参加方法】  zoomを活用して開催致します。  お申し込みいただいたメールアドレス宛てに、参加URLをお送り致します。  ※ワーク内でGoogleスライドを使用します。必ずパソコンからご参加ください。  ※パソコン以外のデバイスでのご参加を希望される場合には、事前に下記連絡先までご相談ください。【事前準備】  ・ご使用のデバイスにzoomとGoogleスライドの事前インストールをお願い致します。  ・wi-fi環境の良い場所、集中できる場所の確認をお願いします。【キャンセルについて】  本ページ(Peatix)からのキャンセルはできません。直接、弊社までお問い合わせください。  キャンセルポリシー:申し込み時~前日までは参加費の20%、当日は参加費の100%【連絡先】  株式会社 プロジェクトアドベンチャージャパン 担当:安河内  e-mail:edu@pajapan.com お申し込みはこちら!

続きを読む