プロジェクトアドベンチャー

Home / Posts tagged "プロジェクトアドベンチャー"
2018年11月25日プロジェクトアドベンチャー体験会-体験から学ぶプロセスを体感するワークショップ

2018年11月25日プロジェクトアドベンチャー体験会-体験から学ぶプロセスを体感するワークショップ

「体験から学ぶプロセスとその愉しさを体感する」 プロジェクトアドベンチャー(PA)の活動(アクティビティとローエレメント、ハイエレメント)と核となる考え方をダイジェストで体験するワークショップです。 PA体験会は、PAの活動や考え方のエッセンスを体験し、1日を通した参加者の関係性の変化を体感します。「PAって何だろう?どんなことをするのだろう?」と感じている方、活動の楽しさや効果、核になる考え方などについて知りたい方、ぜひご参加ください! 詳細・お申し込みはこちら:2018年11月25日 高尾の森わくわくビレッジ(東京都八王子市)

続きを読む
クラスのちからを生かす2018クラスをあたためるアクティビティ~アイスブレイカーを使いこなそう!

クラスのちからを生かす2018クラスをあたためるアクティビティ~アイスブレイカーを使いこなそう!

2018年3月25日に「クラスをあたためるアクティビティ~アイスブレイカーを使いこなそう!」を実施し、18名の方にご参加いただきました。 午前中には、様々なタイプのアイスブレイカーアクティビティを体験(すみません、写真を取り忘れました。。。) 午後には、アイスブレイクとPA理念の繋がりを確認し、自らがファシリテーションを行うレッスンを行いました。 期待と不安が入り交じるこの時期での活用はもちろん、一休みしたGWあけ、または夏休みなどの長期休暇後の活用もオススメです。アイスブレイカーは幾度も活用できますし、先生ご自身も繰り返し活用することでご自身のものとして獲得していくことが出来ます。行事などが始まり忙しい時期になると思いますが、5分でも時間を作ってぜひ実践して組みてくださいね! facebookアルバムはこちら

続きを読む
アドベンチャープログラミング(AP)

アドベンチャープログラミング(AP)

2018年3月9日~11日、嬉野台生涯教育センターにてAP講習会が開催されました! 雪がちらつく初日からはじまり、12名のメンバーでアドベンチャーに挑んでいきました。 笑いが絶えないグループの中で、不安や葛藤、真剣さ、一体感、本音でぶつかり合ったり、繋がりを感じたり… 様々なチャレンジや感情が溢れた5日間でした。 5日間の体験からの学びを力に、日常での皆さんのチャレンジも心から応援しています! (ジョー) facebookアルバムはこちら

続きを読む
PA体験セミナー

PA体験セミナー

2018年3月11日(日)に高尾の森わくわくビレッジにて体験会を実施しました!今回の参加者は7名。学生、教職員、PAJの新入社員など色々なバックグラウンドの人が参加し、体験から学ぶことを体感していただきました。 アンディのファシリテーションのもと、地面でのアクティビティ、ローエレメント、ハイエレメントなどのそれぞれの活動を体験から学ぶことに紐付けながら進められました。体験から学ぶことを体で感じただけでなく、体験学習をそれぞれの仕事や生活にどのように活かすかを考えて持ち帰っていただきました。また、1日間の体験でしたが、参加者の皆さんがグループとしての一体感を醸成されていました。継続的なコミュニティになることを祈っています! facebookアルバムはこちら

続きを読む
クラスのちからを生かす2018|第1回|クラスを支えるフルバリューコントラクト-ビーイングの理解と実践

クラスのちからを生かす2018|第1回|クラスを支えるフルバリューコントラクト-ビーイングの理解と実践

2018年の「クラスのちからを生かす」がスタートしました。(2018年2月10〜11日) 今回のテーマは「フルバリュー」です。 多様な生徒が集い、学び、生活していくクラスでどうやってフルバリューをつくっていくのかをたっぷりと考えました。 1日目はPAプログラム体験を通して、“フルバリューコントラクト”を体感しました。午後には、数あるハイエレメントの中から自分自身にとっての新たな一歩となるチャレンジを選択していただきました!身体的・物理的なリスクテイクに限らない、ご自分の内なるチャレンジの機会になったのではないでしょうか。 夜間に、小学校でPAを実践されている加藤直樹先生にPAに取り組む中で生まれたご自身の学びと具体的な実践方法について発表していただきました。 本研修にビーイングを持っていくことをこどもたちに相談したら「汚さないでよ」と念を押されたとのこと。その言葉からも、こどもたちがビーイングに支えられて、日々チャレンジを重ねている様子が伺えました。 2日目は、1日目の体験を通して感じたことから、PAの理念や学校での実践について考えました。 「子どもたちにとって、“フルバリュー”な先生とは?」 「年間を通して、フルバリューをどのように実践していくか?」 「“ビーイング”をどのようにインストラクションをするのか?」など、ボリュームあるワークを実施。 クラスと同様に、仲間の支えを糧にそれぞれがチャレンジし、それぞれが学ぶ機会となりました。 それぞれの実践を応援しています!! facebookアルバムはこちら

続きを読む