「ロープスコース仲介・斡旋」と「プロジェクトアドベンチャージャパン公認資格認定制度」についての弊社の見解と対応

Home / ニュースリリース / 「ロープスコース仲介・斡旋」と「プロジェクトアドベンチャージャパン公認資格認定制度」についての弊社の見解と対応
「ロープスコース仲介・斡旋」と「プロジェクトアドベンチャージャパン公認資格認定制度」についての弊社の見解と対応

2019年8月より、弊社に複数の団体及び個人の方から下記のようなお問い合わせをいただいております。

①ロープスコースの仲介・斡旋について

②プロジェクトアドベンチャージャパン公認の資格認定制度について

これについて弊社の見解と対応をお伝えいたします。

▼ロープスコースの仲介・斡旋はしていません

これまで弊社では、日本国内で60か所以上のロープスコースを施工してまいりました。ただし、現在弊社で所有しているのは日野春ホームコース(山梨県北杜市)のみで、その他のロープスコースはそれぞれ団体の所有施設です。そのため、弊社がロープスコースの利用を希望される方に対して、各団体が所有しているロープスコースを仲介・斡旋することは一切していません。

弊社に「ロープスコースを使用したいのですが、どうしたらいいですか?」というお問い合わせをいただくことがあります。その際には利用したい地域をお伺いし、近隣にロープスコースの公開されている情報(施設名、プログラム名等)をお伝えするにとどめています。これは団体の所有しているロープスコースの利用を約束したり保証することではありません。

各ロープスコース所有団体に前述のような問い合わせがあった場合には、各団体の方針やルール、判断基準に基づいてご判断ください。弊社は各団体が目指す方向にアドベンチャー教育がひろがっていくことを願っています。

▼現在、弊社公認の資格認定はありません

AP(アドベンチャープログラミング)講習会等を受講された方に修了証をお渡ししていますが、これは資格付与や認定ではありません。

近年、アドベンチャー教育を提供する施設や団体が増加し、様々な名称の資格認定制度がありますが、それらについては各団体が管理運営しているものであり、弊社で実施しているものではありません。

プロジェクトアドベンチャージャパン(PAJ)は日本におけるプロジェクトアドベンチャー(PA)の普及と実践のため、1995年にアメリカのProject Adventure, Inc.と契約を結び活動をしています。より多くの方にPAーを知っていただきご活用いただきたい一方で、明確な理念や考え方を伝えていくために「PAの指導者養成プログラムの実施は、PAJに限る」という名称利用の制限を設けています。

弊社では、日本においてPAを含めたより多様なアドベンチャー教育が展開されていくことを願いつつ、「プロジェクトアドベンチャーの理念や考え方」をより多くの方に直接お伝えしていきたいと考えております。今後弊社にて「プロジェクトアドベンチャー」に関連する資格認定制度を実施する場合には、HPなどで発表いたします。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


2019年9月12日