2018年12月2日クラスのちからを生かす2018|クラスの安心安全を支える先生のしぐさ・ふるまいの技術

Home / information / 2018年12月2日クラスのちからを生かす2018|クラスの安心安全を支える先生のしぐさ・ふるまいの技術
2018年12月2日クラスのちからを生かす2018|クラスの安心安全を支える先生のしぐさ・ふるまいの技術

クラスのちからを生かすは、先生がファシリテーターとなることでフルバリュー(※1)なクラスをつくるための考え方や技術を体験的に学ぶワークショップです。
今回はコムトレーニング講師であり、パントマイム・アーティストの荒木シゲルさんと共に、クラスの安心安全を築くために先生ができる「ふるまい」や「しぐさ」の技術(ステイタスコントロール※2)について学びます。

※1:フルバリューとは

フルバリューとは互いの価値を認めて尊重し合う態度であり、場の心理的安全性が高い状態のことです。

※2:ステイタスコントロールとは

2人以上集まれば、そこにはどうしても「ちから関係」や「その状況での優劣関係」が生まれます。それを演劇用語で『ステイタス』と呼びます。そして、意図的に「しぐさ」や「ふるまい」を変化させることでステイタスを調整することをステイタスコントロールと呼びます。


詳細・お申し込みはこちら:2018年月12月2日 スタジオGROOVY(予定)(東京都板橋区)