導入について|最高レベルの安全基準で創造する”自然を遊ぶ”集客ソリューション Adventure Park & Zip Line(アドベンチャーパーク&ジップライン)

アドベンチャーパーク&ジップライン

Zip Line ジップライン

導入について

Variety of land
さまざまな用地に対応

自然環境をいかした森の中、湖や川の上、テーマパークや、遊園地内の新しいアトラクションなどのスペースの活用としても導入されています。

Layout
対象に合わせた設計・レイアウトに対応

4%〜10%の勾配を確保することができれば、ジップラインのコースを導入することができます。広い森林や山全体を使う場合は、3時間程度楽しめるキャノピーツアーのコースを導入することが可能です。

導入までの流れ
Technology Safety
高い技術力・安全性

アメリカに本部を置く、Association for Challenge Course Technology(チャレンジコース技術協会)(以下ACCT)の厳しい基準のもとにコースの設計・施工を行っています。
プロジェクトアドベンチャージャパンは、会社設立以来18年の実績経験により培われた技術力があります。この高い技術力と安全性を評価され、日本で唯一ACCTのPVM※に認定されました。

※ACCTが認めるプロフェッショナルベンダーメンバー。厳しい審査項目があり、
 会員数2500名の中から約40社が認定されている。

安全性についてはこちら
Follow‐up
運営・管理もフォロー

ACCTが定める基準に基づいた定期検査やスタッフトレーニングを提供しています。
コース及び器具類については、最低年に1回の定期検査を行い、レポートも提出します。
スタッフトレーニングは、導入時に運営面や緊急時に関する知識及び技術について徹底して行います。
また、マニュアル作成のサポートも行っています。

導入実績