ジップライン|最高レベルの安全基準で創造する”自然を遊ぶ”集客ソリューション Adventure Park & Zip Line(アドベンチャーパーク&ジップライン)

アドベンチャーパーク&ジップライン

Zip Line ジップライン

大昔から現在に至るまで、中国や中央アジアの奥地など、道のインフラが整備されていない山岳地帯では、立木の間にロープを張り、それにぶらさがって物を運んだり人が移動したりしています。それを応用した施設がジップラインです。
地上高く設置されたワイヤーロープを、デッキからデッキへと移動します。ジップラインは動力を使わず、自然の力で滑空するアドベンチャー施設です。

片道コース/往復コース

片道コース/往復コース:POINT 回転率が速い・少人数で運営可能・インパクトがある

回転率が非常に早く、少人数のスタッフで運営でき、比較的早期に設備投資分が回収できます。
池や谷を渡るなど、景観の変化がある地形に設置すると、インパクトのある楽しいコースになります。

キャノピーツアー

キャノピーツアー:POINT 2〜3時間のツアー・欧米で主流のタイプ・グループで体験

スタッフと参加者で10人ぐらいのグループとなり、2時間~3時間で巡るツアーです。欧米でのジップラインは、このタイプが主流です。1人ずつ滑って、1ラインを全員が滑り終えたら次に進んでいきます。コース途中の自然やその土地の風土の話をする、ガイドツアーのように工夫しているコースもあります。

  • 導入について
  • システム
  • さまざまな活用例