Q&A|最高レベルの安全基準で創造する”自然を遊ぶ”集客ソリューション Adventure Park & Zip Line(アドベンチャーパーク&ジップライン)

Q&A

どれくらいの敷地があれば
アドベンチャーパークを建てられますか?

30m×30mくらいの敷地から設置は可能です。

エレメント(アイテム)数は、
どれくらいバリエーションがありますか?

約50種類のエレメントがあります。お客様と相談を行い、独自のエレメントを製作することも可能です。

安全面が心配です。
安全基準について教えてください。

弊社では、アメリカに本部を置くACCTという技術協会に加盟しています。また、ACCTの定めたACCTスタンダードの基準のもとに、施工・検査を行っています。
安全性についてはこちら

依頼してから完成まで、
どれくらいの期間がかかりますか?

ご希望をうかがってから現地視察、デザイン及び計画等の手順を踏まえて完成となります。コースの規模等にもよりますが、通常3ヶ月~6ヶ月ほど日数をいただいています。
導入までの流れ

コースの建設後の、
ランニングコストについて教えてください。

設置後は年1回の定期検査を実施します。定期検査費用は総工費の5%程度です。また、器具類の消耗、寿命による交換が必要になる場合もあります。

運営管理はどのように行うのですか?

コース完成後に行われる、オペレーショントレーニング、レスキュートレーニングを受講していただきます。そこで、施設に適したオペレーション(運営方法)を学んでいただきます。
導入実績

導入後、メンテナンスや
スタッフのトレーニングなどがありますか?

1年に1回の定期検査が義務付けられています。また、施設担当者が行う、日常点検、月例点検も行っていただきます。トレーニングでは2年に1度の更新が必要になります。

許認可は必要ですか?

建築確認申請に関しては、各地方の建築主事の判断によりますが、今までの施設ではすべて建築確認は不要との判断をいただいております。
※その他、条例などによっては、許可申請が必要になる場合があります。
例:保安林の使用、国立公園内の使用など