さまざまな活用例|最高レベルの安全基準で創造する”自然を遊ぶ”集客ソリューション Adventure Park & Zip Line(アドベンチャーパーク&ジップライン)

アドベンチャーパーク&ジップライン

Adventure Park アドベンチャーパーク

さまざまな活用例

  • 森林の活用

    自然環境の中でアドベンチャーが体感できます。森の立木をそのまま利用することでコストを抑えることができます。また、天然木が利用できない場合は、人工柱(丸太)を使用して設置することも可能です。

  • 遊休地の活用

    人工柱(丸太)を使用して多くのエレメントを配置したコースを設置することが可能です。リゾート施設やスキー場などに導入し、集客を図ることが可能です。

  • やや狭い土地やスペースの活用

    人工柱を使用した多階層式構造にすることにより、比較的狭い空間でも多くのエレメントを組み込んだコースを設置することが可能です。ショッピングモール、屋外のカフェの上を有効活用した事例もあります。

  • テーマパークの新しいコンテンツとして

    テーマパークや遊園地に導入した事例があります。動力を使用しない体験型施設なので、これまでにない新しいアトラクションとしてお客様に喜ばれています。

  • 団体客への対応ができる

    修学旅行などの団体客が利用できるコース設計も可能です。