Author: yuki@pajapan.com

Home / Articles posted by yuki@pajapan.com
wantedlyにレポートを掲載しました

wantedlyにレポートを掲載しました

2018年7月に行われた人事向けのイベント「日経ヒューマンキャピタル2018」の中で行った講演会「企業研修におけるエンゲージメント:自ら意思決定する社員」のレポートを掲載しました。記事はこちら

続きを読む
AP(アドベンチャープログラミング)講習会

AP(アドベンチャープログラミング)講習会

【プログラムレポート:AP講習会】2018年7月27日~31日、日野春にてAP講習会が開催されました。 トレーナーを担当させて頂いた 小田桐 翔大 (Shota Odagiri)です。 台風の影響も心配される中、天候にも恵まれ、そこそこのチャレンジでは納得しない14名のメンバーでアドベンチャーに挑んでいきました。 心と身体の安心ゾーンから1歩踏み出し、エッジに立ったハイエレメント。 個人のチャレンジを尊重しながらも、グループとして課題達成にコミットして向かっていったローエレメント。 ひとりひとりが自分と向き合い、グループと向き合った5日間でした。 それぞれの想いを打ち明け合い、笑いが絶えず、居心地が良い中でも留まらずにチャレンジし続けるグループでした。 また会える日を楽しみに、それぞれの現場・日常での皆さんのチャレンジを心から応援しています! facebookアルバムはこちら

続きを読む
2018年8月16日~20日アドベンチャーベースドカウンセリング(ABC)講習会

2018年8月16日~20日アドベンチャーベースドカウンセリング(ABC)講習会

「ファシリテーターとしてのあり方を深める」 プロジェクトアドベンチャー(PA)プログラムやそのエッセンスを教育実践に取り入れたい方のエントリーワークショップです。PAが考えるアドベンチャープログラムの効果や価値について体験を通して理解します。 この講習会は、PAプログラムを通してグループがどのように変化するか、グループの中で「私」はどう変化するかを体験する5日間です。AP講習会がファシリテーターとしての”Doing”を学ぶ講習会だとするならば、ABC講習会は、ファシリテーターとしての”Being”を見つめる講習会。体験したことをじっくりと振り返って吟味したり、グループからのフィードバックによって気づきを深めたりしながら、自分自身の変化へのアドベンチャーに取り組みます。PAプログラムを通じた人の変容、グループを通じた教育的カウンセリングに興味がある方、ぜひご参加ください! 詳細・お申し込みはこちら:2018年8月16~20日PAJ日野春ホームコース(山梨県北杜市)

続きを読む
2018年9月1日関西初開催!プロジェクトアドベンチャー体験会-体験から学ぶプロセスを体感するワークショップ

2018年9月1日関西初開催!プロジェクトアドベンチャー体験会-体験から学ぶプロセスを体感するワークショップ

「体験から学ぶプロセスとその愉しさを体感する」 プロジェクトアドベンチャー(PA)の活動(アクティビティとローエレメント、ハイエレメント)と核となる考え方をダイジェストで体験するワークショップです。 PA体験会は、PAの活動や考え方のエッセンスを体験し、1日を通した参加者の関係性の変化を体感します。「PAって何だろう?どんなことをするのだろう?」と感じている方、活動の楽しさや効果、核になる考え方などについて知りたい方、ぜひご参加ください! 詳細・お申し込みはこちら:2018年9月1日兵庫県立嬉野台生涯学習センター(兵庫県加東市)

続きを読む
PA体験会セミナー

PA体験会セミナー

【プログラムレポート:PA体験会7月】 隔月開催しているPA体験会ですが、昨日の7月プログラムには13名の皆様にご参加頂きました。 『体験から学ぶ』ってなんだろう?という問を探求し、自分なりのアンサーを言葉にすることをゴールにして1日を過ごしました。 気温も湿度も高い中でしたが、意欲的な皆様のおかげでいいひと時となりました。 ファシリテーターのふたり(渡邉 貴大 (Takahiro Watanabe)と 小田桐 翔大 (Shota Odagiri))も皆様に多くの学びを頂きました! 参加頂いた皆様、ぜひまたどこかでお会いしましょう! facebookアルバムはこちら

続きを読む
wantedlyに勉強会レポートを掲載ました

wantedlyに勉強会レポートを掲載ました

wantedlyに登録ファシリテーターと共に行っている勉強会のレポートを掲載しました。今回は“ダンス”を切り口に様々な対象に向けてプログラムを提供している菊地雄亮さんをお招きしました。記事はこちら

続きを読む