寺中祥吾

■名前

氏名:寺中祥吾

ニックネーム:アンディ

■略歴

1984年、長崎県出身。大学卒業までの23年間を、人と海と山が手の届くところにある町長崎で過ごす。長崎大学教育学部を卒業後、筑波大学人間総合科学研究科野外運動研究室にて、野外教育・冒険教育における実践と、野外教育におけるグループプロセスを研究。株式会社プロジェクトアドベンチャージャパンに入社後、主催講習会、国公立施設向け研修会、大学向けプログラム等のコーディネーターと、各種プログラムのファシリテーターを担当。2017年4月より流通経済大学スポーツ健康科学部に着任、スポーツ経験をジェネラルな力に置き換えるための体験学習について実践と研究を行っている。

共著に「せんせいのつくり方」(旬報社)、「野外教育学研究法」(杏林書院)他。

■プログラムで大事にしていること
「今見えていることは、全部じゃないぞ」と「一部は全部の部分だぞ」。
ファシリテーターと参加者ではあるけれど、自分も含めてみんなが体験者でいること。
たくさんの変で素敵なファシリテーターたちと一緒に事にあたること。