波多野貴史

■名前

氏名:波多野貴史

ニックネーム:たこやき

■略歴

出身:大阪府高槻市

学歴:大阪府立芥川高等学校卒業後、自力で留学するため英語を勉強しながらアルバイトでお金を貯めてEndicott College(Beverly, MA)のSports Management Majorでスポーツと経営そしてスポーツ心理学など学ぶ。在学中プロジェクトアドベンチャーに出会いファシリテーターの修行を開始。在学中はアトランタオリンピックやスキー場などインターンシップ経験を積み重ねると同時にベバリーYMCAのAdventure Program Departmentでファシリテーターとしても修行を続ける。

職歴:Outdoor Discovery Program, L.L Bean Head Quarter(Freeport, ME)でチームビルディングファシリテーターとしてアドベンチャートリップに挑む前のお客様に対して信頼関係やチームの絆作りに貢献、ビザ問題でYMCA Camp Erdman(Haleiw, Hawaii)に転職。リードファシリテーターからスタートし信頼を勝ち取りChallenge Course Program DepartmentのDirectorとして活躍。2001/9/11テロ事件をキッカケに帰国。帰国後、大分県でNPO法人ABC野外教育センターのマネージャーとして軌道に乗せるべく土台づくりに励む。家庭の事情で畑違いの分野で生活をしていたが、アドベンチャー教育の世界に戻り現在はフリーランスでチームビルディングプログラムのファシリテーターとして貢献中。アメリカ時代から現在も異文化、多様な背景を持った人達に対してファシリテーションし続けている。

■プログラムで大事にしていること

カナダ、アメリカ、ハワイと海外生活を13年してきたなかで想像絶する異文化や多様性に揉まれいろいろな生きざまをした人たちと触れながら自分のアイデンティティーを追求し旅、留学、仕事と様々な経験を積んできた。そんな自分の全身にフルバリューは染み付いているし滲み出ていることもある。プログラムでも普段の生活でも、自分が接する人たちに対してこの世に生まれてきた一人ひとりの命や存在そのもの、多様なお互いを尊重しあい認め受け入れ合い(Full Value)安心安全な環境(C Zone)を一人も置いてきぼりにせずに築いていけるような場作りやキッカケ作りを大切にしています。何よりもFUN(前向きな楽しさ)を大事にしながら、Try(挑戦)してみて様々な宝物をDiscover(発見)できるようなWorld(世界、場、環境、チャンス)を人生のAdventure(冒険)に繋げながら参加者のみなさんと共に切磋琢磨したいという願いで歩んでいます。