クラスのちからを生かす#1|はじまりはリフレクション 〜2019年度の「あり方」をふり返る〜

Home / information / クラスのちからを生かす#1|はじまりはリフレクション 〜2019年度の「あり方」をふり返る〜
クラスのちからを生かす#1|はじまりはリフレクション 〜2019年度の「あり方」をふり返る〜

▼ワークショップの目的 2019年度をふり返り「これから」を描くふり返り会をします!
「こたえのない時代」と呼ばれている現代では、自ら学びを獲得し自分なりのこたえを見出して実行に移すことが必要です。その第一歩目となるのが、自ら経験した出来事について未来志向のリフレクションを行うことではないでしょうか。しかし、「感想だけで終わってしまう」「何から始めれば良いのかわからない」という方も多いかと思います。

そもそもなぜふり返りが必要なのか?ふり返りを通してどんな学びを得られるのか?
実際にご自身の今年度の出来事を思い返し、その経験や体験を改めて解釈することで、来年度へ繋げます。リフレクションを通して得た学びをどのように活かしていくことが出来るのかを考え、カタチにしていきましょう。

▼どんなことをするのか
・未来志向のリフレクションについて簡単なレクチャー、ブリーフィングをします。
・体験ワークを実践し、ふりかえりをすることで、未来志向のリフレクションについて体験的に理解します。
・今年度の出来事を仲間との対話や相互インタビューを通して思い返し、その経験や体験から得た学びを言語化します。
・今年度得た学びを来年度どのように活かしていくのか、来年度はどのような関わりをしていきたいのか、どのような生活を送りたいのかを言語化します。

▼こんな先生におすすめ
・忙しい日々の中では中々自分自身のふりかえりを行うことが難しい方。
・ふりかえりを一人で行うことが難しかったり、どのような枠組みで整理してよいのかが分からないという方。
・ふりかえりをしているのだけど、次に活かせていないなあと感じている方。 

▼ワークショップの流れ
1.オープニング
 ・プロジェクトアドベンチャーについて
 ・お互いのことを知ろう!
2.体験⇔リフレクションの行き来を体験
 ・未来志向のリフレクションとは?
 ・リフレクションを体感する
3.今年度のふりかえりと来年度にむけて
 ・1年の体験から学びを取り出してみよう
 ・学びを次の1年に繋げよう
4.クロージング
 ・なぜふりかえるのか?

※プロジェクトアドベンチャー(PA)とは
 アドベンチャー(心地よい場所から一歩踏み出しチャレンジする)体験から学びを獲得するための体験学習手法として1971年に誕生しました。具体的には【課題解決活動に挑む】⇔【振り返る】という活動をグループで繰り返し行う中で学びを創造し、個人のリーダーシップや組織のチーム形成(または再構築)を促します。
 課題解決活動では屋内で行う「イニシアチブ」活動や屋外のロープスコースと呼ばれる教育用アドベンチャー施設で行う「ローエレメント」「ハイエレメント」活動に挑みます。また、振り返りではファシリテーターと呼ばれる学習支援者がグループに寄り添い学びを最大化します。

【日時】 2020年3月22日(日)10:00~16:00

【会場】 聖学院小学校(東京都北区)

【対象】 18歳以上(定員20名)

【受講費】 一般:7,700円(消費税込み)

【連絡先】 株式会社 プロジェクトアドベンチャージャパン 担当:安河内

Phone:03-6417-3730 e-mail:info@pajapan.com

【申し込み】 https://20200322class.peatix.com