クラスのちからを生かす#1|先生自身の「これから」を考える未来志向のリフレクション

Home / 主催ワークショップ報告 / クラスのちからを生かす#1|先生自身の「これから」を考える未来志向のリフレクション
クラスのちからを生かす#1|先生自身の「これから」を考える未来志向のリフレクション

2019年2月10日(日)に、クラスのちからを生かす#1を実施しました。今回のテーマは、先生自身の「これから」を考える。未来志向のリフレクション。
現職の先生だけでなく、未来の先生(大学生)や学校外で青少年教育に関わる方などにもご参加いただき多様性が生まれたことで、それぞれの未来に向けたリフレクションが促進される機会となりました。

リフレクションを行うには環境も大切な要素です。今回も聖学院小学校様の施設をお借りして、明るくゆったりとした中で過ごすことが出来ました。ご協力いただき、ありがとうございました。

ワークショップ内で行ったフレームワークを活用し日常でもご自身でリフレクションを続けるとともに、グループでふりかえる機会を設けて
定期的にリフレクションのスキルを磨いていきましょう! 
(てつ)

次回のクラスのちからを生かすは、3月17日を予定しています。新年度のクラス開きに向けて、テーマは「関係性を温めるアクティビティ」です。詳しくはこちらから↓
https://20190326.peatix.com/